airymotion 〜ボディワーク&ホリスティックヨガ〜

筋膜、ソマティクス、ホリスティックをキーワードに、心地良いからだ作りを提案します

ホリスティックヨガ:プリムーブメント

こんにちは、Jinです。

 

昨日は私がinStyle千葉スタジオで週一回担当しているヨガレッスンがありました。

テーマは「プリムーブメント」。

 

プリムーブメント?と思われた方も多いと思います。

私のボディワークの先生の1人の小鹿有紀先生から教わった、おそらくロルフムーブメントの用語です。

準備の動き。

すなわち、動作の前に関節を安定させる筋肉(主に姿勢筋)にスイッチを入れておくことが必要です。

そのために、足裏や指先、手の平を感じたり、背骨を感じたりします。

姿勢筋にスイッチを入れよう、という意識を持ってしまうと、アウターが動き出してしまうことが多いので、まずは感じるだけから始めるのがおススメです。

その後、徐々に入れていくと良いです。

 

この後動き出すと、いつもよりもすっと動けます。

ヨイショと筋肉を使う感じが少なくなるのです。

 

それでも力が入ってしまう場合は、抜くのではなく背骨にその緊張を移して行ったり、他の箇所に(前脚に力が入っている場合は後脚に)同じくらいの力を入れていきます。

そうすると釣り合いが取れた時にカラダが軽くなります。

 

私にレッスンでは、いつもこの辺りを意識してキューを出していますが、今回は事前に説明して明確に意識してもらったので、皆さん疲れたようです。

慣れれば当たり前のようにスイッチを入れられるようになるので、引き続きレッスンに取り入れていきたいと思います。

 

 

美構造開脚養成講座企画中!

セッションのお問い合わせはこちらからお願いします

セッションの詳細はこちらをご覧ください

Facebookページを作成しました。こちらからもセミナー情報をご覧いただけます。:https://www.facebook.com/airymotion/

お腹の筋膜リリース

こんにちは、Jinです。

 

今日は筋膜アプローチを勉強していた一般社団法人オープンパスメソッド協会のボディワーク講習会に参加してきました。

オープンパス・メソッド®︎ のボディワーカーが参加できる講座で、今までのベースを踏まえつつ新しいことを学べる、ありがたい時間です。

 

今回のテーマは「腹腔の探索」。

最近 何度かセッションを受けてくれている方には、お腹、内臓周りの筋膜へのアプローチをすることがあります。

慢性的な症状の場合、お腹周りにアプローチしないと最終的に取り切れないことが多いように感じています。

姿勢分析、動作の時にどうも気になるのです。

実際、お腹周りにアプローチしたクライアントさんには、だいたいその後のセッションでリクエストされます。

 

そんなタイムリーなテーマで、丁寧に内外腹斜筋、腹横筋の触りわけや、大腰筋と腎臓、腸間膜のリリースなどインテグレーティブトレーニングで教わったものにプラスαで学べました。

 

お腹だけでなく、肩周りもスッキリしたようです。

 

明日のセッションでリクエストがあれば早速アプローチしたいと思います。

 

オープンパス・メソッド®︎式の内臓アプローチに興味のある方はお問い合わせください。

 

 ==========================================================

美構造開脚養成講座企画中!

セッションのお問い合わせはこちらからお願いします

セッションの詳細はこちらをご覧ください

Facebookページを作成しました。こちらからもセミナー情報をご覧いただけます。:https://www.facebook.com/airymotion/

機嫌の悪い人との付き合い方

こんにちは、Jinです。

 

職場の後輩から、仕事相手がたまに機嫌が悪くて怖い、話しかけるまでわからない、と相談されました。

私の場合は仕事だから相手の機嫌に関わらず必要なことを伝えますが、なかなか難しいかもしれません。

 

そこで、前提として、人は機嫌の浮き沈みがあると伝えました。

くじが当たったらニコニコしているかもしれないし、満員電車でぎゅうぎゅうに押されてしかも電車が事故で遅れたらイライラしているかもしれない。

今より前の事柄によって感情は左右されるものです。

そういうものだ、と思えば少し気が楽になります。

ああ、何かあったのね、と。

 

あとは、距離を置くことを提案しました。

機嫌が悪かったら、また後にします、とその場を離れて、また後で行ってみる。

機嫌が悪いときにそのまま用件を伝えようとしても、慣れるまで難しいと思うので、

まずはその場を離れる。

 

そして、声をかける前に、後ろや斜めから様子を観察して、機嫌を類推してから声をかけてみる。

データを収集していくと、機嫌が悪いときの癖や状態がわかるはず。

メンバーで楽しんで情報収集してみては?と提案しました。

 

うまくいくと良いのですが。

 

ホリスティックヨガ:空間を広げる

こんにちは、Jinです。

 

今日は「空間を広げる」をテーマにレッスンを行いました。

ヨガでは自分の内側に意識を向けることが多いです。

でも、教室を出たら外からの情報が飛び込んできます。

つまり、外の情報ともうまく折り合いたいのです。

 

まずは内面を見つめ、皮膚を感じ、皮膚と接している空気を感じ、自分の周りの空間を感じ、さらにイメージで広げていきます。

 

自分の意識できる空間をキネスフィアとよびます。

キネスフィアの広がっている人を見ると、動きがダイナミックに見えたり、オーラのようなものを感じます。

また、このキネスフィアを意識することで、内側と外側のバランスが取れて動きのブレがなくなります。

体調が悪いとき、足何かにぶつけたりするのは、キネスフィアが弱まっているからですね。

 

後ろが弱い、上が弱いなど、弱いところはより意識してみてください。

 

 

読書について

こんにちは、Jinです。

 

年末に教えていただいたMove Readingに触発されて、

職場でMove Readingベースの勉強会を開きました。

 

そこで驚いたのは、メンバーの読書量の少なさ。

週1冊は1人。すごいですね。

月1冊は1、2人。

年数冊がパラパラ。

1冊も読んでいないがほとんど。

うーむ。

 

知識の向上には読書は不可欠だと思うのですが、向上心が少ないのかもしれません。

読むことにハードルを感じているのかも。

 

来週は実際に短時間で本から情報を得てもらう予定です。

気付きがあれば良いのですが。

 

筋肉を使う、脱力する

こんにちは、Jinです。

 

今日は八光流柔術の稽古に行って来ました。

 

最初に先生に色々な状態から投げていただきました。

柔らかな動きがものすごいのです。

 

そして、引き投げ、手鏡の練習。

ただしゃがむ、という事も上手くいきません。

日曜日に練習したように内転筋を使って大腿四頭筋は抜くことを目指したいのですが、

どうしても大腿四頭筋が抜けないのです。

今までの私の体の使い方は、抜くというより最小限の力を入れていく(スイッチを入れる)というものでした。

入れるところと抜くところを意図的に行うのは大変です。

はい、練習が必要です。

 

あとは、足首の固さ。

まずは10cmでもまっすぐコントロールしてしゃがめるように練習して、徐々に深めていきたいと思います。

 

課題だらけですが、少しずつ前進していきたいと思います。

 

言葉にできるは武器になる〜その2

今日は、以前紹介した「言葉にできるは武器になる」から、いくつか良いな、と思った言葉を抜粋します。

 

・内なる言葉に向き合い、考える。考えたつもり、から脱却する。

・内なる言葉に幅と奥行きを持たせることが、よく考えること。

・言葉に響きを持たせる。

・内なる言葉の解像度を上げる

・気持ちをはっきりと認識できた時、言葉は自然と強くなる。

・頭の中にあることをとにかく書き出す。

T字型思考法:連想と深化

・気持ちを整理し、さらけ出す。その熱量に心は動かされる。

 

他にもたくさんあります。

内なる言葉を育む、具体的な思考法、プロセスもしっかり紹介されています。

 

私は、内なる言葉=自分の心の声だと捉えました。

自分の心の声を整理し、深めて行き、臨場感を持たせることで、人に響く言葉になるのだと思います。

去年和身塾の体験会で、前期の受講生としてお話をする機会をいただいたのですが、

関係者からも、参加していただいた方からも評判が良かったです。

何でか振り返ると、参加者が知りたい情報を臨場感を持って伝えられたのだと思います。

常にこういう意識を持って言葉を出せるように意識したいと思います。

 

Attachment.png