airymotion 〜ボディワーク&ホリスティックヨガ〜

筋膜、ソマティクス、ホリスティックをキーワードに、心地良いからだ作りを提案します

動く骨

先日書店に立ち寄ったら、栢野忠夫氏の「動く骨」の続編の手眼足編が目に入りました。2016年3月の発売だから、1年強気が付かなかったことになります。前作はボーとして2冊買ってしまったくらい目に入っていたのに。 前作を改めて読み返してみると、体幹内操…

ソマティクス

先週からボディワークでお世話になっているオープンパスのインテグレーティブワーカー養成トレーニングがスタートしました。ファシャワーク、ソマティカルワークを統合したアドヴァンスクラスです。このインテグレーティブワークについては、もう少し勉強が…

解剖・動作・エコーで導くFasciaリリースの基本と臨床―筋膜リリースからFasciaリリースへ

気が付くと前回の記事からだいぶ間が空いてしまいました。 それなのに、書籍の紹介です。 この所筋膜関係の書籍の出版が続いているようで、その中の一冊についてです。 エコーガイド下筋膜リリースについての書籍なので、エコー画像が豊富なのが特徴です。ま…

痛みとソマティクス

ソマティカルワークは、主に身体機能の改善を目的としており、痛みに対してはこちら基本的にアプローチしていません。 ところが、先日のトレーニングのペアセッションで肩甲骨内側縁付近の痛みが緩和したので、再発する度に検証してみました。 その結果、以…

骨盤帯原著第4版 臨床の専門的技能とリサーチの統合

今年初記事が書籍紹介ですみません。 今回紹介するのは 骨盤帯原著第4版 臨床の専門的技能とリサーチの統合 です。 骨盤関連の本は数多くあれど、ここまで詳しく書かれた専門書は私の知っている範囲ではないと思います。 と言ってもこの書籍は2013年発売なの…

足と肩の関係

12/23にinStyle津田沼スタジオさんで祝日レッスンを担当させていただきました。 久し振りの津田沼スタジオだったので、お伝えしたいことがたくさんありましたが、テーマを絞って臨みました。 その内の1つが、足を解して立位が安定する体験と、足にアプロー…

指と膝の関係

ここ数ヶ月、からだの関係性の勉強が私の中のブームです。 どこを動かすとどこに影響するのか試したり、その手の本を読んだりしています。 この間、小指が痛いなあと思っていたら、次の日膝が痛くなってしまいました。 たまたま読んでいた本に、小指と脚は共…

ヨガと筋膜 -3

お世話になっているinStyleさんでの「ヨガと筋膜」の今期分の講義が終了しました。準備には時間がかかったけど、始まってしまうとあっという間でした。 最初は後々復習できるようにからだで感じてもらおうと触察解剖学を多めにしていたのですがどうも難し過…

人間の運動学 - ヒューマン・キネシオロジー

本屋で見かけて興味を持って購入した「人間の運動学 - ヒューマン・キネシオロジー」。 解剖学的な運動学だけでなく、生理学、脳・神経系の働きや感覚、意識といった内容まで幅広く取り上げられています。 昨年勉強していたソマティクスのトレーニングで出て…

腰と肩のつながり

ヨガのレッスン後に、体の痛みや違和感について相談されることがよくあります。 (レッスン中に気が付いたことをこちらから質問することもあります) レッスン後はあまり時間が取れないので、訴えを聞いてピンポイントのショートセッションになります。 最近わ…

ヨガと筋膜 -2

先週、先々週とお世話になっているスタジオでヨガと筋膜の講義を行いました。 お話をいただいてから3ヶ月くらいヨガの中にどうやって筋膜を取り入れれば効果があるのか改めて検証していました。(一応今までも私のレッスンは筋膜へのアプローチを念頭において…

左上肢のケア

先日職場で、左肩から腕にかけてしびれのような違和感がある、と相談を受けました。 さっと触って診ると肩甲骨周りがかなり緊張していてちょっと時間がかかりそうだったので、昼休みに診ることに。 会議室に椅子を並べて寝てもらっての簡易セッション。 僧帽…

ヨガと筋膜

ヨガと筋膜について講義する機会をいただけることになり、 ここ2ヶ月ほど資料のチェックを行っていました。 講義するとなると、自分の得意分野(既にわかっていること)以外にも関連の情報は知っておきたくなるもの。 ところが、アナトミートレインは参考にさ…

ホリスティックヨガのレギュラークラスが始まりました

お世話になっているinStyleさんの千葉スタジオで 6月から毎週土曜日13:30〜15:00の90分クラスを担当させていただくことになりました。 inStyleさんでは通常75分クラスのところ15分長くいただいたので、その時間をプチWSのような感じにして、毎回テーマを決め…

アナトミートレイン 第3版

トーマス・マイヤースのアナトミートレインの第3版(の和訳)が出版されました。 筋膜のつながりをわかりやすく説明した本で、施術、ボディワークやヨガ、その他の運動などに応用されていて、筋膜関連の勉強をしている身としては押さえておきたい情報なわけで…

からだにはココロがある

「ゆる」で有名な高岡英夫氏の書籍です。今から5,6年前、ヨガを始めてしばらく経ったときにヨガやストレッチ、施術関連の本を買い始めた時に、高岡氏の「究極の身体」という本に出会いました。一流の身体はそういう風に動くのか、と納得しながら読んだものの…

セッションメニュー

セッションメニュー ■ファシャワーク 筋膜リリースを中心としたセッションです。 カラダ全体にフォーカスしてアプローチしていきます。 カラダの歪みや慢性的な不快感の解消に効果があります。 詳しくはこちらをご覧ください。 ファシャワーク - airymotion …

ソマティカルワーク

ソマティカルワーク(オープンパス・メソッド®️)は、ソマティクスという技法を使って脳神経系に働きかけ、体性感覚を高めることによって身体機能を改善するボディワークです。 脳神経系というと難しいと思われるかもしれませんが、身体を動かす指令を出してい…

ファシャワーク

ファシャワーク(オープンパス・メソッド®️)とは、筋肉や骨、内臓など身体中の組織を覆う筋膜に働きかけ、身体構造の改善を目指すボディワークです。筋膜リリースという言葉の方が馴染み深いでしょうか。 筋膜が癒着したり拘縮したりすると、歪みや違和感、痛…

ビジュアルで学ぶ 筋膜リリーステクニックVol.1 -肩、骨盤、下肢・足部-

先週発売された「ビジュアルで学ぶ 筋膜リリーステクニックVol.1 -肩、骨盤、下肢・足部- 」は前半で筋膜そのものの説明、リリースで何が起こっているかなど解説されています。 私としてはここだけでも勉強になります。 テクニックについてもその症状の原因…

アレクサンダー・テクニックの使い方―「リアリティ」を読み解く

アレクサンダー・テクニークは、三大ボディワークの一つと言われ、約100年前にオーストラリアのオペラ俳優のフレデリック・マサイアス・アレクサンダーによって広められた身体操法です。 自身が舞台で声が出なくなったのは身体の使い方にあると突き止め、そ…

ホリスティックヨガ

私はホリスティックヨガというタイトルでヨガを行っています。 ホリスティックとは、全体性、つながり、バランスといった意味の言葉で、ギリシャ語のholosという言葉が語源とされます。 例えば、肩が痛くて病院に行った時、診療されるのは恐らく訴えたところ…

感じる力でからだが変わる: 新しい姿勢のルール

どうすればからだを快適な状態にできるか、ということをロルフィングやロルフムーブメントの視点で解説してくれています。 日本語訳には違和感を感じる表現もありますが、内容的にはよくまとまっていますし、新鮮だと思います。 一つ前の記事で紹介した小鹿…

硬いからだもムリなく伸びる! らくらくストレッチ

私が数年前ムーブメントやホリスティックセミナーでお世話になったアドバンスロルファーの小鹿有紀先生の書籍(共著:宮尾昌明)。 セミナーで勉強した内容が私のホリスティックヨガの原点になっています。 今はそれにソマティクス、筋膜リリースがプラスしてい…

セッション予約について

セッション予約は、下記のGoogleカレンダーでセッション予約可能時間を確認いただき、 airymotion@gmail.com JIN までメールにて問い合わせお願いします。 Googleカレンダー(セッション予約確認用) Google Calendar

筋膜リリースワークショップやります

いつもお世話になっているinStyleさんでセルフ筋膜リリースのワークショップを行います。 最近テレビや雑誌で筋膜という言葉を目にする機会が増えました。 今回のワークショップでは、筋膜についての説明はもちろんですが、筋膜を感じ、リリースを体感できる…

これがボディワークだ―進化するロルフィング

こちらも私がボディワークを習っている先生方(小川隆之、斎藤瑞穂)が書かれた書籍です。 ロルフィングとボディワークの歴史や背景、ロルフィングの各セッション内容やボディワークの定義が紹介されています。 ボディワークという言葉は最近よく目にするよう…

ボディワーク入門ーロルフィングに親しむ103のテクニック

私がファシャワーク(筋膜を中心にアプローチする)などのボディワークを習っている先生お二人(小川隆之、斎藤瑞穂)で書かれた書籍。 カルチャースクールの教科書的に書かれたようです。 ロルフィングや筋膜のこと、セルフとペアで筋膜をリリースする方法が…

ブログ始めます

ヨガインストラクター、ボディワーカーのJINです。 ヨガインストラクターとして活動を始めて4年、 今はヨガと並行してボディワークを学んでいます。 なぜヨガと並行してボディワークを学んでいるかというと、 単純にカラダのこと(最初は解剖学)をもっと知り…